Debye Good Vibration

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パンツの消えた日

皆さん 明けましておめでとうございます。



今年も宜しくお願いします。



ということで2007がスタートした訳ですが、パンツ失くしました。



家から俺のパンツが忽然と姿を消したのです。



信仰心の厚い皆様には にわかには信じられない話かもしれませんが パンツってある日忽然と姿を消します



僕は約20着ほどのパンツを保有する 地元でも屈指の核保有国だったのですが 去る12月29日夜 パンツ達はどこかへ旅立ちました。



パンツ。







気づいたのは29日夜―



お風呂から上がり、その日は暖かかったのでタオル一枚で部屋まで行き、いざ着替えようと思ったらなぜかパンツが無い。



一枚も



犯罪の臭い しませんか?



生まれてこの方パンツが一枚も無いと言う状況を経験した事のない僕は 酷く狼狽しました。



若さゆえでしょう 予想外の状況に弱いのです



この場に対応できない 自分の引き出しの少なさにがっかりしました



こんなことだったら 引き出しにパンツが無い場合用の引き出しも用意しておくんだった と



んで生まれたままの姿で30分ほど 家の中を徘徊した挙句 パンツは見つからず 唯一のパンツも翌朝までに乾かず



結局ノーパンで翌日のバイトに行く事に



なぜパンツが無い?



原因は定かではないが 捜査の結果 いくつかの仮設が浮上しました



①変態窃盗説―

男専門の変態さんが、僕のパンツ全部持って行った



②変態ユニセフ寄付説―

男専門の変態さんが、僕のパンツを全部持っていった後、恵まれない子供達宛てにユニセフへ寄付した



③変態米軍陰謀説―

男専門の変態さんが、僕のパンツを全部持っていったその頃、米軍が陰謀を企んでいた



④掃除誤処理説―

29日の大掃除で衣服の仕分けを行った際、使える衣服と使えない衣服を袋に入れて一時的に分けていたが、誤って使えるパンツの入った袋もゴミに出した




ここんところ米軍の動きがおかしいので、個人的には仮説③が臭いと思っています
  1. 2007/01/02(火) 02:44:57|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

報告please_fuck_me@goo...

はじめまして、亜紀子といいます。

突然のメールで驚かせてしまったかと思います、申し訳ありません。
エスフレンズから案内状はご覧なったでしょうか。

今回、つま☆だいありーから私が選ばれたようで、サークルコミュニティから
アプローチ用のアドレスをもらい、こうしてメールを差し上げました。
4日間限定の送信用アドレスなので、その間に何とか私から願いを聞いて
もらえるように、と思っています。

よろしければ、大人のお付き合いを前提にお話をしたいのですが。

お聞きしたいのですが、こうして秘密の関係、はっきりいうとカラダの関係を、
誘っている女性、どう思われますか?
普通なら淫らとかふしだらとか、特に人妻なら尚更、そう思われてしまうのも
仕方なしことです。ですけど、参加しているエスフレンズとそのサークルコミュニティには
私のような女性の登録が増えているんです。理由はさまざまなのでしょうけど、
こういう関係自体が認められてきているんだと感じています。

初めてなのにいろいろと、すみません。返事いただけると嬉しいです



亜紀子です。

メールはご迷惑ですか?このアドレスが使えるまではお誘いしたいんです。
おわかりの通り私は既婚です。1週間出張の夫が帰るまでのこの期間だけ、
このOutlookで送れるんです。夫が戻る前に送信履歴は削除しなくていけなし、
あなたのアドレスも見つからないとは限りません。
もちろんセフレ募集とか知られたら本当にまずいですから。
ですから、パスワード認証の秘密メールBOXで連絡をし合えたら、気兼ねなく
会う約束も進められます。



亜紀子です。

メール待っていました。やはり今夜も時間作るのはむずかしいですか?
私から一方的で焦ってばかりで、あなたには嫌な思いをさせてしまったと思っています。
夫が戻ろうとそうでなかろうと、私のほうは時間を作ります。
そして、お金なんて...と思われても私の気持ちなのでお礼とかプレゼントは受け取って下さい。
セフレ関係以外に別にこっち目当てでも私は気にしませんし、具体的なことを言ってくれたら、その金額を持っていくつもりです。
ゆっくり話せて落ち着けるホテルとかを探していますが、あなたのほうで決めてもらってもかまいません。
返事お願いします。




という亜紀子さんからの一連の怪メールが届いていた。(なんの話かよく分からない方はこちら

なんか勝手に話が進んでる。



亜紀子さん的には、もう俺と8回はやってる感じになってるらしいです。



まあ とりあえず?



返信してみた




亜紀子さんへ

返信出来なくてごめん。ここんところ色々忙しかったんだ。

不安にさせたかな?

亜紀子さんのメール、正直なところ返信しようかとっても迷いました。

亜紀子さんが旦那さんとの凍てついた関係の中で、酷く愛情に飢えているのは分かっていました。しかしながら、僕自身にそれを受け止める器量があるとは、どうしても思えなかったからです。

夫に愛を与えてもらえない寂しさ 屈辱感を 二度も味わさせる事になったら、あなたは壊れてしまうかもしれない…

そういう不安感が僕の頭を支配していました。

それは僕の弱さです。

しかし、仕事に追われる慌しい生活の中で、時間さえあれば、僕は亜紀子さんの事について思いを廻らしていました。

日に日に膨らむあなたの存在の大きさを、自分の心の中で否定できなくなった時

僕はあなたに 愛を与えるという指名をようやく甘受出来るようになりました。

僕も弱い人間ですが、もし二人で、このか細い心の糸を共有できたらば、それは三つよりの綱のように強く、容易には断ち切れない絆を生む事でしょう。

もう僕はどこへも行きませんから、僕に甘えてごらんない。

重荷を僕に委ねてごらんなさい。

僕は貴方の箱舟になって差し上げます。

最後に

愛しています。返信お待ちしています。

                               よしひろ




返信楽しみ☆
  1. 2006/12/14(木) 02:21:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

先人

久々に中学時代の恩師と酒を飲んだ



中学時代に色々と面倒をお掛けした先生な訳だが(ホントよく怒られたなぁ)



教育者にこそ、ゆとりと自由が必要だとしきりに説いて下さった



あと エゴイズム



平衡の取れたエゴイズムが無い人間には、バイタリティは備わらない



バイタリティの無い人間には教師は務まらない、と



ついでに―



高校時代の友人(今はどっかの大学で思想やら哲学をやっているらしい)が酔うとしきりにと言っていた



人は歳をとるごとに知識や知恵で自重が増し、価値観の方向転換、即ち自身の否定できなくなる



という事に関して話したら



それは正しいが、自分の中に否定できない部分くらい持っていないと、物事を成し遂げられない事もある



と仰っていた



なんというか、理よりも、むしろ行動と経験則に基づいた価値観だと思い、興味深かった



肌身で感じてきた事なのだろう



そこまでは聞かなかったが、たぶんそうなんだろう
  1. 2006/12/12(火) 02:38:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

風邪につき14hours/1day惰眠を貪った

今日吸った煙草の本数   一本。





















ひゃっ  ほーい







ひゃっほーい (^▽)/☆







ひゃっほーい ☆\(▽^)







    ひゃっっっ ほーい




 ☆\(^ひ^)/☆☆\(^ひ^)/☆ 
  1. 2006/12/02(土) 00:25:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

超・高尾山

せっかくの祝日なので 友人kと二人で18年ぶりに高尾山登ってみることにした



紅葉がね あるんですよ



あすこは雑誌でも紹介されている列記とした紅葉スポットだって みんな知ってた?



どうもね 世間の風潮として 高尾山は小学生低学年向けの無難な遠足先 ってイメージあるけど、とんでもないよ それって



高尾山は立派な山なんです



都外の人間にはあまり認知されていないが、高尾山は標高59900cmを誇り、明治の森高尾国定公園に指定され、国から保護指定を受けるような珍しい動植物がうじゃうじゃいる自然の 宝庫



加えて 太古から烏天狗という超弩級魔物が住み着くとされる特Aクラスの超難所として恐れられている存在



ひいては 日本政府が来るべき核戦争に備えて秘密裏に地下司令室を作っているとか、地底人の支配する地下帝国が存在するとか どっかの新興宗教が聖地にしているとか、今も昔も絶えることのない人気を博している東京のメッカ



超高尾山なのである



超高尾山は気高く その存在は孤高で 登山者の勇気と器量を試す難山だという…



実際 毎年幾人もの園児がコケて怪我をしているらしい



今年23を迎える強健な男子二人とはいえ 決して気は抜けない



*******************************************************************



京王線高尾山口を出ると、もうこそは超高尾山麓



面倒くさいのでさっさと登って帰ることにした



実際登ってみると 想像以上に厳しい



途中のコンビニでピッケル買おうかと思った程



…なぜだ?



まだ幼い頃の俺はこんなに苦労して山頂にたどり着いた記憶は無い



鼻水垂らした糞ガキ[→俺(6才)]ごときが軽々登れて、齢23という肉体的にピークにあるはずの俺が容易に山頂にたどり着けないはずがっ… 無い!!


その答えは山頂付近で見つかった



ケーブルカーがね あるんだよ



ケーブルカーなんて ガキのくせに生意気だと思った



山頂でとろろ蕎麦食って一服し



帰り途中に調子こいて山道から滑り落ち 泣いて帰ってきた



takao1




takao2




こんなん見れて良かった



また来ようと思う 超高尾山
  1. 2006/11/24(金) 00:06:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
前のページ 次のページ

Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Admin is Hide.

Mail: debye.good.vibration (+@gmail.com)

過去ログ +

2008年 09月 【1件】
2008年 01月 【1件】
2007年 10月 【1件】
2007年 05月 【1件】
2007年 01月 【2件】
2006年 12月 【3件】
2006年 11月 【2件】
2006年 10月 【2件】
2006年 09月 【2件】
2006年 06月 【4件】
2006年 05月 【1件】
2006年 02月 【1件】
2005年 12月 【3件】
2005年 10月 【1件】
2005年 07月 【2件】
2005年 06月 【1件】

Blog Search

Comment

Blog/HP Link

謎の村人[改]

桎梏

カサモンテのお部屋探し

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。